福祉住環境コーディネーターに求められる国際感覚とは:福祉住環境コーディネーターの全て

« 福祉住環境コーディネーター1級の具体的な合格基準は | 福祉住環境コーディネータートップページへ戻る | 自分に合った学習方法は »

私たち日本社会は急速に高齢化が進んでおり、高齢者の方が快適かつ安全に生活することができる 環境を確保する事が社会的な問題としてクローズアップされており、 福祉住環境コーディネーター検定の資格取得が人気です。 福祉住環境コーディネーターとは、住環境の問題を抱えていることの多い方、特に高齢者に向けて、 身体機能が低下した状況でも、御自身で日々の生活をおくり、自ら人生をエンジョイして頂けるように、 双方の話し合いの中で住環境の整備を提案する専門家です。 福祉住環境コーディネーターは、建築、福祉、医療、保健など非常に幅広い知識が必要とされ、 とてもやりがいのある仕事です。



福祉住環境コーディネーターに求められる国際感覚とは

福祉住環境コーディネーター

これからの時代は、福祉住環境コーディネーターに「国際感覚」や「外国語能力」も問われることになります。というのも、日本で生活をする外国人は増加の一途をたどっています。法務省入国管理局が公表した「2003年末現在における外国人登録者統計」によれば、その登録者数は191万5030人で、10年前と比較すると約1,4倍。日本の総人口の1.5%にも登るのです。しかも、一般永住者も急増、彼らは生涯日本で生活をし、老後も送ることになります。そうなってくると、福祉住環境コーディネーターはまさに、国際感覚も必要となり、日本人高齢者に提案するのと同様に、住環境整備についての提案をしていかなくてはならないシーンが増えてくるのです。海外からの人の相談に応じ、その文化的背景や住生活に関する国民性の違いも十分に考慮し、そういった提案ができるかどうか。こういうセンスが問われるようになります。また、場合によっては外国語でコミュニケーションをとることが必要になり、通訳を介して仕事をする、といったことも多くなるでしょう。言葉のとおり「コーディネーター」として、活躍するためにはそれらの力も備えているかどうかが問われる時代がすぐそこにやってきています。

そして、外国人居住者が増加しているということは、労働人口にも大きく影響していると言えます。少子高齢化の中、日本の労働人口減少を食い止めるためにも、外国人労働者の受け入れが議論されることも多くなってきています。それでなくても人材不足に悩む福祉業界では、「積極的に外国人労働者を受け入れるべきだ」という声が高まっています。政府もそういった声を受け、フィリピンやタイから、看護師や、介護福祉士などを条件付きで受け入れようという方針を打ち出していますから、これらがもっと現実化すれば、福祉住環境コーディネーターが住環境整備において、彼ら看護師やケアマネジャーと連携をとり、チームを組んでプロジェクトを進めていく、といったことも増えることでしょう。であれば尚のこと、国内事情だけではなく、海外の住環境事業や福祉制度についても大きな関心を寄せ、常に最新情報をチェックするといった姿勢は必要となります。いつでも、社会事情や、世界情勢によって、福祉住環境コーディネーターに要求される能力や資質も変化しつづけるのだ、という認識を持ち続け、努力する姿勢が重要となります。

スポンサードリンク



キーワードでサイト内を検索

福祉住環境コーディネーターとは (9件)
福祉住環境コーディネーターとは
高齢者向けの住まい作りは
資格取得のメリットは
資格取得者にできることは
福祉住環境コーディネーターに求められる知識は
各専門分野の知識に困った時は
福祉住環境コーディネーターに求められる能力は
福祉住環境コーディネーターとしての倫理とは
福祉住環境コーディネーターに求められる国際感覚とは
福祉住環境コーディネーターに必要な専門知識 (103件)
高齢者とは
商工会議所とは
介護保険制度とは
住環境整備のメリットは
バリアフリーとは
要介護者とは
要介護状態とは
ユニバーサルデザインとは
申請書とは
理由書とは
リハビリテーションとは
ADLとは
IADLとは
QOLとは
ノーマライゼーションとは
動作自立度の目安とは
福祉用具の貸与サービスとは
キーパーソンとは
インテークとは
要介護度とは
介護(care)とは
見積書は
本人・家族への説明とは
介助(aid)とは
改修工事を行う際の手順は
ランニングコストとは
介護保険の対象となる住宅改修とは
維持管理とは
メンテナンス費用とは
手直し工事とは
通所介護(commuting for care)とは
在宅介護支援センターとは
高齢者総合相談センターとは
通所リハビリテーションとは
建築基準法とは
社会福祉法とは
福祉施設とは
福祉住環境コーディネーター協会とは
タウンミーティングとは
ゴールドプラン21とは
国連・障害者の10年とは
設計図書とは
施工者とは
ケアプラン(介護サービス計画)とは
居宅介護支援事業所とは
ケアカンファレンスとは
ショートステイ(短期入所)とは
義肢とは
装具とは
福祉関連団体とは
福祉用具とは
自助具とは
福祉車両とは
ソーシャルワーカーとは
高齢社会対策に関する施策ニーズは
ケースワークとは
地盤面(G.L.)とは
床面レベル(F.L.)とは
軸組み工法とは
枠組み壁工法とは
スキップフロアとは
確認申請とは
日影規則とは
掃き出し窓とは
国際福祉機器展とは
汚物流しとは
スリングシートとは
フレームとは
ギャッチベッドとは
カテーテルとは
ターンテーブルとは
エンドキャップとは
介護実習・普及センターとは
在宅介護における4つの特徴とは
平均寿命とは
社会福祉3理念とは
老化による身体変化とは
介護における8つの原則とは
バリアフリー住宅工事割増融資とは
年金バリアフリー住宅資金融資とは
言語聴覚士とは
義肢装具士とは
痴呆性高齢者に見られる特徴は
かまち(框)とは
チェックシートとは
住宅建築の代表的工法とは
建ぺい率とは
容積率とは
用途地域とは
褥瘡(じょくそう)とは
償還払い方式とは
段差解消機とは
アプローチとは
福祉用具の分類とは
筋萎縮性側索硬化症(ALS)とは
脊髄小脳変性症とは
パーキンソン病とは
高齢者、障害者向けの支援制度とは
在宅医療に関わる機器は
在宅医療に関わる機器は
用途地域の種類とは
プッシュアップとは
品確法とは
福祉住環境コーディネーターに関連する職種 (14件)
建築士
マンションリフォームマネジャー
増改築相談員
建築職人
医師
保健師
看護師
社会福祉士とは
介護福祉士とは
リハビリテーションエンジニアとは
建築士(1級、2級、木造)
インテリアプランナーとインテリアコーディネーター
ケアマネジャー
理学療法士と作業療法士
福祉住環境コーディネーターの仕事内容は (6件)
福祉住環境コーディネーターの仕事は
住環境整備の相談を受けるとは
問題点を調べ抽出するとは
住環境整備方針の検討を行うとは
施工を実施して工事後にチェックするとは
完成した後の定期的なフォローとは
福祉住環境コーディネーターの体験談は (1件)
この仕事のやりがいは
福祉住環境コーディネーターの職場 (5件)
福祉住環境コーディネーターの職場は
建築業界では
福祉・介護業界では
医療・保険業界では
福祉住環境コーディネーターの勤務形態は
福祉住環境コーディネーターの職探しとキャリアアップ (3件)
各種セミナーやタウンミーティングに参加する
福祉住環境コーディネーターの給与待遇は
福祉住環境コーディネーターのキャリアアップは
福祉住環境コーディネーター検定の勉強方法は (20件)
自分に合った学習方法は
試験勉強のポイントは
通学講座で資格を取る場合は
通信講座で資格を取る場合は
独学で資格を取る場合は
公式テキストの活用は
問題集を活用は
参考書の活用は
セミナーや模擬試験の活用は
検査済証とは
勉強仲間を見つけるとは
インターネットの活用は
モデルハウスや展示場で学ぶとは
公的支援制度で学費を抑えるには
スケジュールをたてるとは
検定試験の直前は
試験前日は
試験当日は
試験中の留意点は
3級と2級を同時に受験するとは
福祉住環境コーディネーター検定試験とは (15件)
福祉住環境コーディネーター検定は
福祉住環境コーディネーター検定の始まりは
検定試験の申し込み方法は
検定試験の受験における特別措置は
検定試験に合格したら
受験者の傾向は
他資格も取得している受験者が多いとは
福祉住環境コーディネーター3級試験の合格基準は
福祉住環境コーディネーター2級の合格基準は
福祉住環境コーディネーター2級の具体的な合格基準は
福祉住環境コーディネーター3級の具体的な合格基準は
3級検定試験の難易度は
2級検定試験の難易度は
福祉住環境コーディネーター1級は
福祉住環境コーディネーター1級の具体的な合格基準は
福祉住環境コーディネーター検定2級の出題内容は (23件)
2級検定試験の学習ポイントは
福祉住環境整備の意義と福祉住環境コーディネーターの役割は
高齢者や障害者の特性および疾患別住環境整備の考え方は
福祉住環境整備の基本技術および実践に伴う知識は
福祉用具に関する性能と活用法は
事例の中から問題点を抽出するとは
日本の住環境の特徴・実態は
福祉住環境整備の流れは
福祉住環境整備相談の特徴は
相談の受け方と対応の仕方は
介護保険制度は
高齢者の特性は
聴覚言語霜害の特性は
在宅介護の基本技術は
在宅介護の特徴と住環境は
福祉住環境整備の実践的考え方(高齢者)は
福祉住環境整備の実践的考え方(肢体不自由)は
住環境整備の共通基本技術(段差の解消)
住環境整備の共通基本技術(手すりの活用)
福祉住環境整備におけるトイレ
福祉住環境整備における浴室は
福祉用具の活用(移動)は
福祉用具の活用(入浴)
福祉住環境コーディネーター検定3級の出題内容は (32件)
3級検定試験の出題科目は
福祉と住環境の連携について問われる第1分野とは
福祉住環境コーディネーターの役割と活動の場とは(公式テキスト第一分野)
社会福祉と住環境整備の考え方とは(公式テキスト第一分野)
高齢者の心身の機能と特性とは(公式テキスト第一分野)
高齢者介護のあり方とは(公式テキスト第一分野)
高齢者に対する諸関連施策とサービスとは(公式テキスト第一分野)
関連専門職への理解と連携とは(公式テキスト第一分野)
公式テキスト第2分野の出題ポイントは
福祉住環境整備の進め方は(公式テキスト第二分野)
福祉住環境整備の基礎知識とは(公式テキスト第二分野)
福祉住環境整備の基本技術とは(公式テキスト第二分野)
部屋別・場所別福祉住環境整備の仕方とは(公式テキスト第二分野)
福祉用具の活用と住環境とは(公式テキスト第二分野)
福祉住環境整備の疾患・障害別応用技術とは(公式テキスト第二分野)
超高齢社会は
福祉住環境コーディネーターとバリアフリーは
福祉住環境コーディネーターの倫理は
社会福祉は
ノーマライゼーションは
加齢と老化は
虚弱高齢者のかかりやすい疾患は
介護保険制度とサービス
高齢者福祉制度と在宅関連サービスは
福祉住環境コーディネーターに関わる各専門職の仕事内容は
福祉住環境整備は
フォローアップは
介護保険制度における住宅改修は
介護保険制度対象外の住宅改修は
部屋別・場所別の住環境整備は
福祉用具の基本性能は
福祉用具の活用は